フォトアルバム

ブログペット

Powered by Six Apart

02お出掛け Feed

2017年3月30日 (木)

地震の夏の想い出。

とある、去年の8月終わり・・・。



人間、嫌な記憶は早く忘れ去るように作用する生き物なのだと、改めて思うこの頃なんですが。


誰も予想すらしなかった、4月の熊本地震でした。

何百回も何千回も揺れる地面の上にいると、三半規管がおかしくなって自分が揺れてるのか地面が揺れてるのか

すら分からなくなって、いつもゆらゆらふらふらしてる、あの独特の感覚を思い出します。



幸いにも震度7を記録した地点からは60km程南だったので、直接の被害はありませんでした。

一度だけ津波警報が出た夜中の1時半過ぎに両親を実家まで連れに行ったのと、

夕方社用車で走ってる時に震度5の余震があって、あれ?と思った一瞬後には反対車線を走ってたことがありました。

車が飛ばされたのか、道路が撓んだのかは、今も分かりません。


クリスマス前に奇跡的に開通した俵山バイパスの話等も、山程あるのですが。

思い出すというよりは、これからも忘れないために、このお話を記しておきたいと思います。




オートポリスに毎年見に行っていたsuperGTとか、(去年は地震で中止、今年は開催決定)

WRC(トヨタの2戦目で総合優勝は凄いと思います)等の自動車に関してははもちろんのこと、

新幹線等の電車類もそうですし、最近では旅客機に自衛隊のF35だの10式戦車だの

いずも型護衛艦は実際空母だよねだとか、興味の幅もいろいろ広がってきた(?)小3の息子氏。



メカニカルなものとは別に、(これは母親譲りと思うんだけど)日本のお祭りが大好きで神輿や傘鉾、山笠の飾り山等の作り物、

これが興味の的のようでして。

地元の祭りの神幸行列の順序だとか、隣の佐賀県の唐津くんちの曳山の種類だとか、鹿児島の知覧ねぷたは平川ねぷたが

伝承にこられたとか、ちょっと他の小学生はぽかんとするようなことを、本当によく知っております。


中でもテレビの旅番組を見てハマったのが青森県の青森ねぶた。

DVDを見ながら画用紙に書いた各団体のねぶたを自ら3日間運行し、各賞まで決定して表彰まで行う始末。

ねぶた師の名前等は朝飯前で、近年3年以内(もっとかな)なら、誰の制作の何ていうタイトルのどこの所属のねぶたで

何の賞を獲ったかまで、おそらく知ってると思います。

そんなに好きなら、いつか本物を、青森に見に行きたいねと、ず~っと言ってはおるのですが。



そんな中、「熊本復興ねぶた」の実施イベントを知ることになります。

8月初めに実際に青森のねぶた祭りで運行したねぶたを、一度トラックに乗せれる大きさに分解して、

2,000kmの道程を熊本まで運搬して、また改めて組み立てて、骨組みを作り、

電飾を施して和紙を貼り、色を化粧して運行するものです。

最初は目を疑いました。いつか見せたいと思っていた、本物の青森のねぶたが、地震復興とはいえ、

こんな南の熊本にはるばる、向こうからやって来てくれるなんて。


とにかく、8月の終わりの週末に、まだ製作段階中のねぶたを一目見ようと、熊本城二の丸公園に母子で向かった訳です。

特設テントの中とはいえ、青森からは2,000km南の熊本の残暑は、それはそれは暑かっただろうと思います。

大小それぞれのねぶた4体が、台乗せに向けて化粧(色付け)されてる工程だったと思います。




Photo


そんなねぶたたちを食い入るように見てる小学生がいるわけですから、

それはそれは、ねぶた師の方々にとっても不思議な子供に見えたかもしれません。






そしてそのねぶたが、「纏と唐獅子牡丹(まといとからじしぼたん)」というタイトルの北村隆名人の作品であることを知るわけです。

そしてそして、この熊本復興ねぶた・纏組の代表世話人、外崎玄(とのさきげん)さんと出会うことになりました。

玄さん自身も熊本と青森を行ったり来たりされる生活の中で、ちょうど熊本に居られるときに地震に合われて、

熊本の自宅を一部被災されました。

それでも、熊本の復興のために、青森のねぶたを持ってくることを決断されました。

(二の丸公園を使用する許可申請をするだけでも、大変な苦労だと推測するのですが)

ちょっと話をするだけで、この方の器の大きさというか、懐の大きさというか、とにかくでっかい男だな、

っていうのが良くわかるんですよ。

(後で書きますが、おかげで我々親子が運行当日、テレビ局3局から同時に取材を受けることと相成りました。

OAの時間帯もあって結果的にそんなに世間には知れ渡りませんで助かったんですが)


ねぶた運行の当日になって、台風が接近してきました。

土壇場になって、できるできない、やる、やっぱ中止にする、ものすごい葛藤があったと思います。

結局2日間の運行を1日だけにして、夕方から決行されることになりました。

運行中は不思議と雨が上がって、奇跡的に晴れ。

ほんとに神憑り的な天気でした。


ねぶたにLEDが点灯する瞬間、見ている方々から「お~っ」という声が上がるほど、それはそれは身の毛のよだつ瞬間でした。

息子が鼻歌のように歌っていたお囃子が実際の笛と太鼓で目の前で演奏され、跳人と呼ばれる踊り子さんが実際に

その後を飛び跳ねまわり、一般の方々もその後ろに続いて飛び入りされ、何より、

ライトアップされた熊本城天守閣の前を、青森のねぶたが運行されてるという、

奇跡の2ショットも実現いたしました。



Photo_3



涙なしには、とても見れなかったです。

(あの玄さんも実は隠れて一人で大泣きしてたそうです。)




「ケッパレ熊本」の文字がかっちょええ!









無事に2回の運行が終了し、あとはこっそりひっそりと玄さんとの約束を果たして二の丸公園を離れる予定でした。


そしたら、この器も声もでっかい玄さんは、マイクで息子の名前を呼んじゃいまして・・・。(笑)

テレビカメラをあえて避けながらねぶた見物してたのに、最後になってあえて事前にお断りまでしてた地元局の

3局同時取材を受けることに。

(かめきちさんがどの局の番組取材で来られてるのか、とうとう最後までわかりませんでした。週刊山崎くんの

印象が強かったもんですから。各局のディレクターさん、アナウンサーさん、その節はすいませんでした。)



Photo_2

ねぶたの後ろっ側(おくりねぶた、っていわれる部分)の

白い連獅子のねぶた一体だけにビニール袋が被せてあった理由も

そこで判明しますが、あえてここでは申しません。


(ただ、この後がホントに大変でしたとだけ、にしときます。)








そしてなんと、この熊本でのねぶた運行が、今年も9月に行われることが決定した模様です。

今年も青森の皆さんとの交流を含めての、息子の成長を楽しみながらの、熱い夏になることは間違いないだろうなと思います。
(これが終わらないと、息子の夏休みは終わらないという年中行事です、既に)




地震からの復興は大変長い道程です。

少しずつですが、被災された方々の衣食住が元に戻り、心の傷が癒されますよう、心からお祈り申し上げます。



たったこれだけの文章を記すのに延半年かかってしまいましたが、ま、なんとか、なごだんでした。





「熊本ねぶた」と検索していただけますと、いろいろ出てくると思います。

寄付金もまだまだ募っておられるようですし、何より去年見れなかった方はぜひとも今年、本物のねぶたを見に来てください。

あの大迫力と美しさは、「百聞は一見にしかず」です。なんてったって、あの青森ねぶたが、この熊本で見れるんですから。







2010年5月10日 (月)

山口市にて。


とある、GW初の4連休中・・・。


Dsc01335

山口市香山町にあります、瑠璃光寺という
手入れの行き届いた広~い庭園のあるお寺さんなんですが、
その中にそびえ立ってるのがこの五重塔であります。

この屋根の反り具合が何とも、かっちょええんですな。happy01


Dsc01346

室町時代に建てられた国宝でして、
高さが31.2mあります。


どうやって建てたんだろうな、って考えると
昔の人ってホントすごいよねぇ。




Dsc01343

幸いにもここにはハトはいませんでしたが、
池の鯉と遊ぶこと、約40分程。happy01

この後、隣の香山公園で、
すべり台だの、ブランコだので小1時間遊んだんで
親子共々、汗だくになりまして。


Dsc01352

割とすぐそばの湯田温泉の「新清水温泉」っていうところの
1部屋のみの家族風呂に浸かって汗を流すことに。

「今からお湯入れるから、14:30から1時間ってことでいいですよ」
って14:00過ぎから入れてもらえたんでラッキーでした。

多少の塩素臭はありましたが、90分で1,200円なら、良しとしましょう。happy01
という訳で、サービスショットを。happy01


Dsc01356

こっちでは、「リンガーハット」も「長崎ちゃんめん」なんですな。

お店の外観は何となく似てますが。happy01


Dsc01355

なごまるがこのちゃんめん(580円、だったと思う)を、
私がちゃんめんに小チャーハンと餃子のセットを頼みまして、
遅い昼ご飯を。

チャーハンは圧倒的にリンガーハットより、んまかったなぁ。delicious

ちびなごも、このスープかけご飯を楽々1杯完食。happy01


Dsc01357

小郡ICから中国道を初めて走りまして、
(途中美東SAで買い食いなんかも)
壇ノ浦PAにはまだ明るいうちに通過しまして、
小倉や八女付近では上り線の渋滞が
えらいことになってましたが、
下りはまったくのスイスイでした。

というわけで、途中のPASAで休み休みしながら、
それでも夜8:00過ぎには帰ってきました。


というわけで、旅は終わり。

しかしながら、まだ連休は続く。

てなことで、ささ、次、次へとつづく・・・。 のか?happy01なごだんでした。




秋吉台にて。


とある、GW初の4連休中・・・。


途中、道の駅「おふく」ってところで休憩して、そこから更に40分程走って、やってきました、こちら。

Dsc01310

「秋吉台」

中2の修学旅行で来て以来だから、
28年振りという計算です。happy01


Dsc01313

高いところには、とりあえず登ってみたい、お年頃。happy01


駐車場待ちの秋芳洞には目もくれず、
長者ヶ森の駐車場に車を止めて、散策することに。

天気は良いし、いい風吹くし、
ナイスなお散歩コースでございます。





Dsc01331

写真じゃ見にくいけど、
至る所に石灰岩がゴロゴロ、ゴツゴツしておりまして
まるで草原に岩が降ってきたみたいな景色です。

その昔、ここが海だったなんて、想像もつかないよねぇ、smile



さて、展望所からの駐車場の車の多さがrvcarcarcarrvcarcar更に目立ってきましたので、下山して、ささ、次、次・・・へとつづく。





2010年5月 8日 (土)

角島にて。


とある、GW初の4連休中・・・。





Dsc01277

山口県下関市豊北町にあります、

「角島大橋」に2年9ヶ月振りにやってきました。


やっぱ全然違うね~、海waveの色が。




Dsc01235

灯台にはまだ登れませんでしたが、



Dsc01266

道路の真ん中に立って
こんな写真を撮れるのは、
この時間ならではですな。




お、7時前clockになったな。

てなわけで、ささ、次次・・・につづく。happy01




2009年12月 4日 (金)

太平洋を見に行く。


とある、日曜日の早朝・・・。


朝早くから出掛けたcardashdashのは、九州大陸のちょうど反対側の、湯布院・別府方面。

高速は確かに1,000円だけど、100km余計に走ることになるし、阿蘇の山々も眺めながら行きたいな、ってんで、
大観峰から小国を通って九重を抜けて湯布院に入るというルートで行くことに。
(これ意外と早く着いたんで驚きましたわ)

さて、開園時間と同時に到着しました、約10年振りとなります、「城島後楽園」

この中にトミカだのプラレールだので遊べるところがあるんだ、って以前yamajunさんに教えてもらってまして、
ようやく来ることができた訳でございます。

Dsc00547Dsc00550


ま~、朝っぱらから
貸し切りで、遊ぶ遊ぶ~。

これだけいっぱいあったら、
どれから遊んで良いのか迷って
キョロキョロしてるのが、
見ていて面白かったですわ。happy01






さて、午前中しこたま遊んだら、別府に下りての昼食。
鶏天もりゅうきゅうも食べたい欲張りな一行は、別府タワーを過ぎてすぐ左折して、老舗旅館「清海荘」に到着。
いわゆる、温泉旅館、な建物だけど、綺麗にリフォームされておりまして。

Dsc00568

2Fに上がって、掘ゴ゙タツの個室に入り、
窓を開けると、そこはもう太平洋が目の前でして。

Dsc00570


どど~んときました、「大分の味御膳」が
これだけで1,500円の超お得な定食でして。

鶏天にだご汁にりゅうきゅうに
ご飯に漬物に小鉢が2つ。


Dsc00571Dsc00572Dsc00573

りゅうきゅうを、ご飯の上に乗っけまして、りゅうきゅう丼にして食べたりなんかしまして。happy01

だご汁まで食べたら、結構お腹いっぱいになりました。good



更に、食後にもお得moneybagな出来事が。

ココで食事をしますと、何と無料でお風呂にも入れます。
しかも、屋上に家族風呂もあったりします。
家族風呂は通常60分2,000円なんだけど、食事をした方は何と半額の1,000円で入ることができます。

Dsc00593Dsc00594


っというわけで、
食後はそのまま、屋上に。up

Dsc00584


ちょいと曇り加減ですが、
如何ですか、この太平洋waveビューは。

お湯はいわずと知れた別府温泉。
ちょいと温度高めのお湯が、
足先までジンジンと染みていく感じですな。


さて、お風呂の次はおやつ。happy01

以前別府に住んでた先輩に連れてきてもらって以来、別府に来ると必ず立ち寄る、横断道路を登る途中のこちら。

「甘味茶屋」です。

趣のある、とっても落ち着ける感じの、それこそ和服を着たご婦人方がお茶を飲みに来られるような、そんな雰囲気のお店です。

Dsc00600


私分のカプチーノ。
(あと、抹茶アイスも食べましたが)

Dsc00602Dsc00601


なごまる分の大分名物、
やせうまと、
つきたて餅の大根おろしかけ。

(だごに餅かい!)happy01



Dsc00606


更に、ここも必ず寄る、明礬温泉のこちら。
この景色の絵が、お店の紙袋にもなってます、
「岡本屋」です。

いつもほぼ満車の駐車場に隙を見てちょいと車を駐めて、
これまたいつものように買うんですな、「地獄蒸しプリン」を。

九州で3本の指に入るプリン、なんだそうです。
(確かにんまいけど、あとの2つって何なん?)happy01





さて、今度は私のおやつ。happy01
別府で意外と有名なのが「冷麺」なんだそうで。
1度食べてみたかったんで、地元でも有名なこちら、「胡月」に行ってきました。

店内には釣りバカの撮影の時に来たのか、ハマちゃんこと西田敏行とマドンナ役の常盤貴子の写真なんかも貼ってありました。

Dsc00599


写真では分かり辛いかもしれないけど、
この麺、もの凄くコシが強いのね。

これは焼肉のシメで食べる冷麺とは
完全に違う食べ物だと思います。
(これ自体、主役級、って感じがします)smile

夏場は勿論、冬場も関係なしにおいしいと思うし、
今度は温麺も食べてみたいと切に願う訳でして。happy01





Dsc00608Dsc00613Dsc00615


帰りは由布岳を眺めながら、横断道路をゆっくりと帰ってくる、つもりでしたが、案の定湯布院の手前で大渋滞となりまして
急遽高速に乗って、鳥栖回りで帰ってくることに。

しかしながら、そこは高速1,000円。考えることは皆同じ。happy01
鳥栖の手前では、やはり少々のノロノロ運転に。 まそれでも、2時間20分じゃ家まで走ってきますね。

あ、yamajunさん、城島高原で代わりに「セグウェイ」に乗ってきましたよ。
500円で10分くらいだったけど、もう大丈夫、これの運転は極めたねhappy01happy01、なごだんでした。

Dsc00551



その場でクルクル回るのもお手のもん、ですわ。scissors


2009年10月30日 (金)

上京日記。③(ズムサタ編)


ある、土曜日の朝、7時過ぎ・・・。


Dsc00387

もともと、朝は毎日ズームイン派でありまして。

徳光さんに始まり、福留さん、福澤さん、そして現在の羽鳥アナまで。 
もう、朝はこれを見るのが、体に染みついてる感じかな。

というわけで、1度でいいから、ここに来てみたかったのね。

大門から1駅の、ここに降り立った訳です。


土曜日だったんで、なごまるが目当ての羽鳥アナはいなかったんだけど、
私的には、モッチーこと望月理恵さんがお目当てだったんで、オッケーオッケー。happy01

Dsc00382


ここが、あの「マイスタ前」です。

しか~し!
この日はちょうど
大学の文化祭のPRに来てる学生が、ウジャウジャおりまして。

残念ながら、
藤井さんにちびなごのインタビューをしてもらう夢は叶わず。



Dsc00380


オンエア終了後に、申し訳なさそうにお辞儀してスタジオに入っていく、サタボー。

遠目でしたが、学生軍団に大きく手を振る藤井さんと、
一瞬だけこっちを見てくれたモッチー、
それとお天気キャスターの安座間美優ちゃんの足の細さくらいまでは
何とか確認することが出来ました。



Dsc00519


オンエアー時の映像がこうなら、


Dsc00386


それを後ろから見た映像がこうでして。




Dsc00517


こんなことになってる後ろでは



Dsc00379


必死こいて肩車してたりなんかして。happy01


っで、後日録画してたオンエア分をよ~く見てみたら、もうほんのちょいだったけど、確かに映ってはいたようです。

ま、この日のこの時間は、日テレ前にいました、っていうアリバイ作るくらいにしか、ならないけどな。

Dsc00518


わはは~、これじゃ分かんね~。





さてオンエア終了後は、また一旦ホテルに戻りましての朝食と朝寝、朝風呂を。



時間ギリギリの12:00前にチェックアウトして、浜松町から山手線を北上しましてやって参りました、師匠の聖地、「秋葉原」。good

Dsc00403Dsc00405Dsc00404

萌え~heart04なお姉様方と、そのお姉様方の
お話を真剣に聞いてる殿方という、
おお~っ、これかぁ!っていう
光景を目の当たりに。lovely




Dsc00406


2階で手を振ってるお姉さんにカメラ向けたら
こっちにピースしてくれました。

ヨドバシとかも行きたかったけど、ここに来て
一人だけ朝寝してないちびなごが、いきなりの爆睡・・・。sleepy

仕方なく、滞在1時間程で、秋葉原を後に。



それから総武線に乗って市ヶ谷まで、それからまた乗り換えて1駅の九段下に。

Dsc00407


こちらも初めてやって参りました。

私にとっては、音楽の聖地でもありますし、
同時にプロレスの聖地でもあります、「日本武道館」。

これが、あの金色の玉ネギなのねぇ。scissors

Dsc00409


やけに、ピンクの衣装を着た、まるで
秋葉原の半分はこっちに来ちゃったんじゃないの?
っていうお客さんが沢山いらしたのは・・・。



Dsc00408


何と、この日はたまたま
中川翔子のコンサートの日でありまして。

ファンの皆さんの気合いの入れようにも
合点がいった訳でして。

(どっちかというと、お父さん{中川勝彦}の
音楽聴いてた世代なもんでhappy01


それからそこの向かい側にあります、こちら、


Dsc00410


靖国神社にも、初めて行ってきました。

手前では、フリマなんかも行われてましたが、
さすがに境内の中に入ると
何か、空気が違いましたね。


荘厳な印象を受けます。


Dsc00414

っで、幸いにも総理大臣ではございませんので、
参拝してきました。

諸外国からの非難がどうとか、
合祀や分祀がどうとか、
A級戦犯がどうとか、
いろんな問題も議論されるんでしょうが、

私は単純に日本人なんで参拝する、それだけです。

むしろ、やっと来れてよかったです。


さてさて、市ヶ谷に戻りまして、今度は東京メトロ南北線に乗り換えましたら、いよいよ今回のメインイベントに突入です。
あと何駅で着く、って待ち遠しいこと、待ち遠しいこと。

秋葉原は、またいつか改めてちゃんと行って、師匠がどこのショーウインドウで
写真を撮ってるのかを突き止めたいなと思いますhappy01、なごだんでした。





「上京日記」③(再会編)にまだまだ、つづく・・・。





2009年10月29日 (木)

上京日記。②(東京タワー編)


とある、東京の秋の夕暮れ時・・・。



さて、今回は1泊分の宿泊費が浮くこともありまして、ほんのちょっとだけホテルのクラスをランクアップ!
(ま、たかが知れとりますがhappy01




Dsc00392


浜松町から少し歩いた大門というところの、
COM SOLEIL(ホテル・コンソレイユ 芝・東京)という、
去年出来たばかりの、1Fがスタバになってるホテルでした。

14:00チェックインの翌12:00チェックアウトという、
子供連れにはうれしい時間設定でして。

部屋用のカードキーは、
エレベーターにも「ピッ」とやらないと動かないという、セキュリティの徹底振り。
(これは安心よねぇ)

ちびなご用のサニタリーは、チェックイン時に色を自由に選ばせていただいたり、
バスルームのかわいい瓶入りのシャンプー他は「ご自由にお持ち下さい」という
お言葉に甘えて、各種家族風呂のお出掛け用にと、持って帰って参りました。happy01

Dsc00515

あ、カードで思い出したんですが、今回モノレールだのJRだの
地下鉄だのに乗りまくるに当たりまして、
羽田着いてすぐにこれを買ったんですよ。

「SUICA」。
(福岡の「SUGOCA」っていうネーミングは、凄かですなhappy01

改札口でピッってやるのは、結構楽しゅうございました。
(コンビニなんかでも使えたりしたもんね)

もちろん、帰りは羽田で精算してカード返却して、
保証金も払い戻してもらいましたよ。
(2人で1,000円は休日の高速代、だもんね)



話を戻しまして、15:00前にチェックインを済ませてちびなごの昼寝タイム!と思ってましたら、当の本人が
ベッドの良い感じのスプリングが気に入ったのか、延々とトランポリン遊びをやるんで、まあ、寝ない寝ない。happy01

浴槽に少しだけ熱めのお湯を入れて「足湯」をしたり、全チャンネルが映るテレビでちょうど「東京ジャズ2009」を見たりしておりましたら、
さすが東京、日没は九州より圧倒的に早くて、もう日が暮れてきたんで、出掛けることに。

Dsc00325


ここから歩いて10分くらいの、良い感じにライトが点灯しました、
東京タワーに、初めて上ってみることに。

夕暮れ時の東京タワー。

昔ドラマで見た風景はこれだったんだな~、と少し感激。wink

ふと、BGM的に頭に浮かんだのがこの人のこのメロディーでして。♪


Dsc00331


♪どんな時でも人は 苦しみを誰かのせいにしては いつでも言い訳を探す

 それが本当の愛を きっと遠ざけているから

※あるがままの君と あるがままの僕を このままそっと愛し続けていたい
 I'm savin' your life

 過ぎた日々が残した傷跡を どうかそのままにしないで

 たとえ別れの時にも 出会いの時と同じだけの愛を忘れないように

 あるがままの喜び あるがままの悲しみさえも きっと愛し続けて行ける

 夜明けの潮風に涙を預けてみれば 永遠の”瞬間”に出会う

 遠く消えゆく過去は 今という未来を創った君と僕そのもの

 あるがままの”瞬間”を あるがままの過去と共に ずっと愛し続けて行こう

※repiet♪

  「あるがままに」 角松敏生 since1992 


  あえて、アップテンポの「東京タワー」でないトコがミソね。bleah


Dsc00333


いよいよ、近付いてまいりました。

Dsc00337


調子に乗って、真下からど~んと撮ってみたりしまして。happy01


さて、いよいよエレベーターで「大展望台(820円)」へ。


Dsc00346_2


なかなか、室内側の光が窓に映ったりで、
綺麗に撮れなかったけど
それなりに撮れた分を何枚か。

右上にレインボーブリッジが見えますでしょうか?eye



Dsc00348


国道1号線と首都高速。

車のライトが、ヒトの血管の血液が流れる様子を想像させるのは、私だけ?happy01

Dsc00351


ここから更に「特別展望台(600円)」に上がりまして。

レインボーブリッジを、ちょい高いところから、アップめで。camera


・・・っとここで、
昼寝を飛ばしたちびなごが、案の定爆睡モードに。

フットタウンは、1フロアづつ降りながら、
早足での交代制、という見学となりました。smile




というわけで、ホテルに帰ってきたのが19:30頃だったかな。

じゃあ、ちびなごが寝てるうちにってんで、着てる服を脱ぎ脱ぎしまして。

素っ裸にホテルのタオル地のガウン1枚になりまして。

今回は極力荷物を減らそう、ってんで、3日間同じ服着る事にしてたんで、
まんまホテルフロントの反対側のコインダンドリーで洗濯と乾燥をする事に。

いくら何でもこの格好じゃ降りていけんめぇ、ってんで、
なごまるにかなり笑われながらも、行ってもらうことに。happy01

カードキーを抜くと、約10秒後に部屋の電源が落ちるんで(ま、当たり前なんだけど)、真っ暗な中
唯一電気の切れない冷蔵庫を少し開けて、その明かりで新聞読んだり、なんていうハプニングもありましたが、
1時間後になごまるが帰ってきたんで、電源は無事復旧致しました。happy01

さて、東京の夜は更けて・・・night
翌日の朝の任務に備えての体力温存ということで、少し早めに就寝sleepyする事に。

せっかくの「東京タワー」なんで、日が暮れてから読んで頂くとありがたいかな?happy01なんてな、なごだんでした。





「東京タワー」の歌詞については、yamajunさん、解説をお願いできます?ってムチャ振り?







「上京日記」③(ズムサタ編)につづく・・・。






2009年10月28日 (水)

上京日記。①(スカイバス編)


とある、銀杏の葉が少し色づいたかな~mapleっていう、週末・・・。


Dsc00178

さて、カレー食べて地上に上がってくると、
そこにはもう、ウチらが乗る予定のバスbusがスタンバっておりました。

あえてはとバスでなくて、このスカイバスに乗っちゃうところが、
なご団らしくて良いかな、と。smile

Dsc00179


当然のように最後尾の席を予約しておりまして、
1番乗りで陣取ります。


お客さん少ないのかなと思いきや、出発前には
いつの間にか、8割くらいは席が埋まってしまいました。

なかなかの眺めです。 高層ビルbuildingも、まんま見えますし。

Dsc00227


道路の案内標識なんかも、カメラのズームなしでこの大きさ。

手を伸ばせば届くな多分、っていうくらい。smile

Dsc00243


橋の欄干の手前に来ると、
「ホントにココ通れるん?」ってくらい、ギリギリで
通って行きます。

思わずかがんじゃったりなんかして。coldsweats01

まるで、柳川の川下りのようです。

Dsc00277



おわぁ~、マジでギリギリっすねぇ。happy01

Dsc00209


半蔵門の東京FM。

DJマッピーこと、松本ともこの声はここから発信されているのね。smile

(確か同い年だったんで、勝手に親近感があるだけなんですがhappy01

Dsc00223


国会議事堂も、この迫力あるアングルで見ることが出来ます。

実は、初めて見ました。happy01
(だって修学旅行は韓国だったんだもん)

Dsc00285



左手に皇居を見ながら、
(はとバスのツアーの皆様かな?)

Dsc00286


右手奥には改装中の東京駅を見ることが出来ます。
(道路左手に、カンバスを立てて
 皇居の絵を描くart方々が沢山いらっしゃいました)


Dsc00235


写真左手は、東京地方裁判所。

前の道路には中継車だの、
マスコミ関係者が多数陣取っておりまして。

Dsc00233


実はこの日、押尾学被告の初公判が
行われておりまして。

1番驚いてたのが、バスガイドさんでした。happy01

Dsc00240


正面の茶色いかっちょええ建物が、
ペニンシュラホテルなんだそうです。
(正確にはザ・ペニンシュラ東京、です)

いつだったか、パトラさんにここのチョコレートを
頂いたことがありまして。

その時のかっちょええ布製のケースを
今はゴルフのティーケースにして愛用してるんですよ。

こんなに格式が高いところとは、つゆ知らず。happy01


Dsc00266


さて、バスはいよいよ銀座に入ってきました。

この金ピカの外壁は「カルティエ」のビルなんだそうで。

華やかといいましょうか、とにかく、派手~。happy01


Dsc00250


こちらは、「エルメス」のビル。

よ~く見ると、
屋上に騎乗した騎士の像がありまして。

Photo


ハタめかせているのは、旗でなくて
その年のニューモデルのスカーフ、なんだそうだ。

確かに、地上からは見にくいかもね。eye

Dsc00260


銀座のシンボル、4丁目のワコーの時計台も、
こ~んなアングルで見えちゃう訳で。

この建物の通りにバスが左折して、
銀座のメインストリートに入ります。


Dsc00269


っで、これがかなり貴重なショットかと思いますが、
銀座1丁目から8丁目までの信号がすべて赤だったのが・・・

Dsc00270


全部いっぺんに青に変わるんですな。smile

これが、かな~り、かっちょええ!happy01
(ちょうど目線の高さに信号機があるんですよ)

最後部座席から、振り返ってのショットです。camera





丸の内から、皇居外苑を1周するような形で約1時間。 この欲張り感は、結構満足度高し、です。good

正真正銘、どっから見ても自他共に認めるお登りさんになれるんで、
例え銀座のビルの2Fでお茶してる女性とバッタリ目が合っても、(バスの席と2F席がちょうど同じくらいの高さになるのね)
お互い笑顔で手を振り合うことができます。happy01

ただし、土日の銀座は歩行者天国になるんで、スカイバスも違うルートを走りますのでご注意下さい、なごだんでした。





お土産に、紙製でのり付けして下さい的なスカイバスを買ったんですが、これがまた良くできてて。
飾っておきたいけど、ちびなごが気に入ってヘビーに遊んでるんで、踏み潰すのも時間の問題かと。happy01








「上京日記」②(東京タワー編)につづく・・・。






2009年10月26日 (月)

上京日記。(プロローグ)


とある、秋晴れの週末・・・。


台風20号typhoonがいきなり東寄りに進路を変えてくれたり、新型インフルエンザが大流行しそうだったりで、
どうなることかとかなり心配したんですが。

せっかくのチャンス。 ええ~い、行っちゃえ!ってな勢いで飛行機に飛び乗ると

Dsc00152


今回は「翼の王国」でなくて「SKYWARD」を
読みながらのフライトを1時間15分程。

コンソメスープ飲むのは、一緒なんですが。happy01



羽田からモノレールで浜松町、JRに乗り換えて東京駅に。 

それから徒歩約2,3分程。



















Dsc00170

気が付くと、このカレーが目の前に。happy01



ムハハ。 おいち~(^m^)♪



インデアンカレー(どノーマル、730円)



Dsc00171

1口目の、フルーティな甘~い味。

2口目以降に徐々にやってくる、と~ってもスパイシーな味。

かぁ~っ、またしても、やられたぁっ!




もう、中毒やな、完全に。happy01



Dsc00168

大阪来ても、東京来ても、やってることはなぜか同じ。happy01


<お店>
インデアンカレー 丸の内店
東京都千代田区丸の内2丁目7番3号
TOKIAビル地階


師匠もこないだ先回りの8記事目をアップ!
見事な中毒振りを披露してらっしゃいます。happy01





というわけで、4,5年振り?に東京に行きました。

約350枚の写真を整理したら、「上京日記」と題しましてのレポを、何回になるか分かりませんが書き綴ることにします。

よろしくお付き合いの程をhappy01、なごだんでした。






2009年10月 7日 (水)

山へ海へ。


とある、9月のシルバーウィーク中・・・。


熊本には、阿蘇と天草っていう国立、国定公園級の山fujiと海waveがそれぞれありまして。

連休初日の20日に、車のタイヤ交換が終わってからだから、もう夕方近くだったかな、
これから上る車はそんなにおらんめぇ、ってんで、勢いで阿蘇に向かうことに。cardashdash

第二空港線から右折して西原村に入ったんだけど、1kmくらい走った所で上りも下りも車だらけの大渋滞に巻き込まれまして。happy01

裏道抜けてR57に出ると、こっちも渋滞してるし。catface

熊本ナンバーを見付ける方が大変なくらい、他県ナンバーの車が多かったですわ。
「知床」ナンバーがいたな、確か。 これがウチらが見掛けた中では、一番遠くから来てる車かと。 凄いよねぇ。happy01

高森方面に右折する通称赤橋と阿蘇ぴなたランド(あ、ファームランドねhappy01)付近を抜けると、
あとは下り車線だけの渋滞になりまして、上るウチらは割とスイスイ走れました。

っで、一の宮のここに寄ることに。
Dsc00036



以前、健軍にあった、「阿蘇天然アイス」。

実はココが工場でして、未だに販売もされてますし、
ここで食べていくこともできます。

もうすっかり夕方でしたんで、貸し切り状態でしたわ。

Dsc00025


ある意味、懐かしいというか、かなり久々に、
アイスがいっぱいの冷蔵庫の前に。

試食はスプーン1杯ずつなら、全部食べていいそうです。

片っ端から食べてましたな、親子で。happy01

Dsc00022


なごまる注文分。

げろなびもびっくりの6種盛り
+ヨーグルトのオマケ付きの7種盛り、630円。

写真上から順に、ネーブル、玄米、リンゴ、トマト、
ブルーベリーにキウィでございまして。




Dsc00023


こちら、私分のダブル、480円。

ミルクとラムレーズンに抹茶のオマケ付き。

どれを食べても、素材の優し~い素朴な味がして
甘すぎない、ってのがかなり私好みでして。

Dsc00026


あくまで、お店の趣味ということですが、
いろんな種類の自家製のお茶というかハーブティーというか、
お洒落に販売されておりました。

Dsc00034


お店に入るとすぐ靴脱いでフロアに上がるスタイルですんで、
ちびなごは貸し切りなのを良いことに、
店内を歩き回っておりました。



さて、それから小国方面に走って、蕎麦でも食べてから、豊礼の湯の温泉に入って帰るかな、っていう予定にしてみたんだけど、
小国のそば街道ってどこも結構なお値段するよねぇっていう話から、ところでまだお店開いてんの?ってなことになりまして。

それじゃあってやってきたのが、道の駅波野の岩戸開という蕎麦屋さん。
昔ながらの田舎蕎麦って感じの、リーズナブルな蕎麦を頂くことに。

Dsc00037


なごまる分、たぬき丼セット、800円。

サクサクの天カスの歯ごたえが新鮮な「たぬき丼」と
温そばのセットです。

ま、丼の半分はちびなごが食べたんですが。happy01



Dsc00039Dsc00040














 私分のざるそば、650円。 シンプルisベスト。good
 そば湯もおいしいし。



それから、小国の「豊礼の湯」まで行く頃には、どっぷりと日も暮れて。

24時間営業とはいえ、こんな時間に来るヤツは少なかろうと思ってましたら、何の何の南野陽子、happy01
いるんですなぁ、県外ナンバーの車ばっか。

1時間待ちの間に、なごまるとちびなごはそこいらの散歩と駐車場いっぱいの車の車種確認(?)を、
私めは、街灯の明かりで暇つぶしに車にワックスかけたりなんかして。

もう1時間経ったかいな?って早くに車番で呼ばれて受付を済ませると、50分800円の家族風呂spaにの~んびり浸かりまして。

いつもは青いお湯の色が一体何色なのか分かんないくらいでしたし、窓の外は真っ暗で、ほんのり山肌が見えるくらいでしたが、
ま、たまにはこういうのも良かろう、と思いまして。smile

来る時とは比べものにならないくらい早い時間で帰ってきました。





さて、今度は連休の最終日の23日。早朝5時半に家を出て約3時間で牛深市に到着。

Dsc09969


夕暮れの写真かと思いきや、
不知火町で撮った朝焼け、なんですな、実は。happy01



Dsc09994_2


ハイヤ大橋を渡って、対岸の砂月海水浴場で遊んだり、
漁港の岸壁から真下を覗き込むと
豆アジの大群が肉眼で見えたりで、
「さすが牛深やねぇ」って感じることしきり。

「海彩館」(ハイヤ大橋の根元の物産館ね)は、
朝の早い時間だったのもあって、寂しい限りでしたが。

Dsc00003


それから、崎津天主堂と

Dsc00008


大江天主堂のダブル天主堂巡りをしまして。

初めて、両方中に入りました。
自分の声がうまいこと反射して響くんで、
ちびなごが「あ~」とか「わ~」とか叫ぶんで、うるさかったんですが。

中は撮影禁止だったんだけど、
今思うと、外からでもステンドグラスの写真撮っとけばよかったな、と。




Dsc00036_2



これは途中、五和町でたまたま見付けた、「一力寿司」。happy01

寿司も焼肉も、っていう欲張りなところが
食べる気満々にさせたんですが、
残念ながら夜だけの営業だそうでして。




そして個人的に楽しかったのがココ、苓北町の富岡城跡でして。

ちょうど駐車場に車を入れたところで、ボランティアガイドのおっちゃんに声を掛けて頂きまして。

んじゃあせっかくなんでっておっちゃんの説明を聞きながら見て歩くことに。

実はこのお城の石垣が、訳あって3層構造になってること。

島原の乱の際には、この城はとうとう落城しなかったんで、一揆軍はここから島原に向かったこと。

東京に行くより、ホンコン・マカオの方が距離的に近いんで、東京行ったことある人よりホンコン行ったことある人が案外多いこと。

なごまるは退屈そうでしたがhappy01、興味深い話を沢山して頂きました。

Dsc00010Dsc00011Dsc00016Dsc00018



Dsc00015

勝海舟(左の銅像がそうです)も
ここに来たことがあるそうで。

この近くのお寺の柱に、直筆の落書きがあるんだそう。






さて、ランチタイム。 「一力寿司」にフラれたんで、「丸健水産」に行ってみることに。

Dsc00042Dsc00043


私分の海鮮丼、1,575円。

見て、う~ん。 食べて、う~ん。

連休だからかなぁ、
何だかあんまり新鮮な感じが
しなかったのね。despair




Dsc00044Dsc00045

なごまる分の
ぶっかけウニ丼セット、2,100円。

最初に刺身を一切れ食べた
なごまるがやっぱり、
う~ん、って。bearing

基準が(前原の)一力寿司
だからなのか、
おいしく感じなかったなぁ。




Dsc00047


唯一、んまかったんが、このアワビのバター焼き、1,050円。

お値段も、観光客向きといいましょうか。





それから、帰り道に道の駅有明に寄りまして
Dsc00048


直径7cmのたこ焼き(携帯電話の大きさを参照)を食べたり、



Dsc00053


大矢野町の「入船」でちゃんぽんを食べたりしながら
帰って参りました。

20年振りくらいに食べたのかな?
(今回はあえて海鮮でなくて、普通のちゃんぽんにしました)

今はちゃんぽん他の専門ってことで別棟のお店になってます。

このボリュームは、今も変わらず、です。smile



結局、いつものように食べまくりでしたがhappy01、同じ休み中に同じ温泉に行ったあねさんや、
同じ天主堂めぐりをしてた柚羽さんのリポなんかもご参照下さいませhappy01、なごだんでした。




<おまけ>


Dsc00006Dsc00005


崎津天主堂の前にいた、ネコちゃんたちです。

左のネコはかなり人慣れしてて、
向こうから歩いて寄ってきて
ちびなごにスリスリして遊んでましたわ。